モース硬度
【宝石の硬度を表すモース硬度】
宝石名モース硬度
ダイヤモンド10
ルビー・サファイア9
アレキサンドライト
キャッツアイ
8.5
トパーズ8
ガーネット
エメラルド
アクアマリン
7.5
トルマリン
石英
7
ペリドット6.5
オパール
ムーンストーン
6
トルコ石
ラピスラズリ
5.5
ガラス5
プラチナ4.5
パール4
サンゴ3.5
金(18K)3
琥珀

金(24K)
象牙
2.5
石膏2
「モース硬度」

鉱物の硬さを示す指標として、モース硬度があります。
ドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モースの考案です。

ダイヤモンドが地球上最も硬いと表現されるのは
このモース硬度が最も高いからです。

モース硬度は
「ひっかき傷のつきにくさ」を表す指標です。
この指標を作り出すときには、多くの鉱物をそれぞれひっかいてみて、傷のついたほうから順に並べたそうです。

ただ、これは衝撃に対する強さを表現したものではありません。ダイヤモンドをハンマーでたたくと簡単に割れてしまうそうです。
(そんな恐ろしいことやったことはありませんが。)

実はこれは宝石の扱いにとても重要な指標となるのです。
特に日常生活で宝石を身に着けていると
柔らかい・・・つまりモース硬度の低い宝石だと
少しずつ傷がついていってしまいます。

それは空気中に舞っているほこりが原因です。
ほこりといっても非常に小さな石の粒。
これには石英が含まれています。

石英のモース硬度は7。
つまりモース硬度が7より低い宝石
たとえばオパールやトルコ石といったものは
ほこりによって傷がついてしまうのです。

もちろん即座にボロボロになるわけではありませんが
長い期間使用していくにつれ、少しずつ輝きが減ってしまいます。

また、いくつもの宝石を同じ袋に入れておくと
硬い宝石が柔らかい宝石を傷つけてしまうことがあります

複数の宝石を取り扱う場合には十分気をつけるようにしましょう。