mallowse
【アレキサンドライトの変光性】
「アレキサンドライト」

2面性をテーマとするAbyss Aglaiaにとって
アレキサンドライトは特別な石です。

アレキサンドライトの特徴は
何と言ってもその変光性に尽きるでしょう。
日光や蛍光灯の下では濃い青緑色ですが
夜の照明下では真紅に変色します。

物質内に内包される酸化クロムが
与える光の種類によって
支配色をグリーンやレッドへと変化させます。

まさに自然が生み出した神秘と言えるでしょう。

ドラマチックな変色効果が魅力のアレキサンドライト。
近年その希少性も手伝い人気が特に高まっている石です。

1830年 ウラル山脈のエメラルド鉱山で発見されましたが
その日がロシア皇帝アレキサンダー2世の12歳の誕生日であったため、アレキサンドライトと名づけられました。

原産国において最も良質のものは一般的にブラジル産とされています。他にスリランカ産もありますが、変色性の点で劣ります。安いアレキサンドライトはこれです。

最近ではタンザニアやインドでも採掘が始まり、
新しい産出地として注目されています。

アレキサンドライトの評価で明らかに他の石と異なる部分は、命ともいうべき変色の度合い。
変色の度合いが高いほど評価が高くなりますが
それぞれの色の鮮やかさや透明度も重要です。

Abyss Aglaiaで採用しているアレキサンドライトは全て
厳正な選定を行なった抜群の変光性と透明度です。

是非とも2色の美しい変化をその目でお確かめください。