mallowse mallowse 【 GIA・AGL基準の鑑定書 】
ダイヤモンドの品質を評価する国際基準として
4C(フォーシー、よんシー)があります。

ダイヤモンドの鑑定書にはこの4Cが記載されます。
4Cの評価が総合して優れていることが
美しい、価値のあるダイヤモンドの条件です。


4Cとは
Color (色)
Clarity (透明度)
Carat(重量)
Cut(研磨)
 
の4つの頭文字をとっていることから呼ばれます。


Color (色)
ダイヤモンドの色は
無色透明に近いほど評価が高くなります。

無色透明をDカラーとして
黄色を帯びるに従ってE、F、G・・・Zまでの
23段階に分けられています。


Clarity (透明度)
専門家が適正な光源の元で
10倍ルーペを用いて調べて決定されます。
 
光の通過を邪魔する内包物やキズが
全く認められないものを

FL(フローレス)とし、内包物の量によって
IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3

と全11段階に分けられます。 


Carat (重量)
カラットはダイヤモンドの重さの単位です。
1カラットが0.2gです。 


Cut (研磨)
ダイヤモンド原石を人の手でカットして初めて
美しい輝きを放ち始めます。

プロポーション(カットの総合評価)
ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)
シンメトリー(対称性)

によって評価され、ExcellentからPoorまであります。